会津の美味しいご飯と地酒、最高の温泉を紹介していきます!

会津観光ブログ

地酒

‪【山の井 50 純米大吟醸 】‬

投稿日:2018年10月19日 更新日:

【山の井  50  純米大吟醸‪】‬とは?

奥会津・南会津町で元禄より酒造りを続ける老舗・会津酒造さんの手がける日本酒だよ
すっごい美味しいよねこの銘柄
知らなかったのだけれど、鳩さんが遊びに来たとき、彼のインスピレーションで選んでもらったら想像以上に美味しくてハマったんだよね
上品なメロン香とマスカット香が最高だよね
すっごい好きなんですけど、SAKE TIME福島県の日本酒ランキング2018では12位……
もっと上を狙える酒だと確信してるんだけれど、なかなか難しいところだね……
知名度が足りてないだけだと思うので、弊ブログでバンバン勝手に宣伝していこう!

幸運なことに、素晴らしい酒蔵さんも酒屋さんも会津にたくさんあります。今回は会津坂下町の酒屋さん『五ノ井酒店』さんで購入。我が家から1番近いこともあり、特に好んで利用させて頂いております。ここで買ったお酒で失敗した経験はゼロ。最高におすすめです。近いうちに、酒屋さんについての記事も公開予定です!

会津酒造さんの情報

公式サイト

商品案内ページ

五ノ井酒店さんの会津酒造商品・紹介一覧ページ

電話番号

0241-62-0012(タップすると電話アプリが立ち上がります)

住所

〒965-0006
福島県南会津郡南会津町永田字穴沢603番地(タップすると地図アプリが立ち上がります)

購入難易度

‪年1回の‬季節限定商品。買い時を逃すと、その年の入手は難しいかも……。見つけたら買っちゃいましょう!

会津の気の利いた酒屋なら、入手は難しくはないと思います。

ネット通販でも、プレミア価格はついてないので安心して購入できます。

スポンサーリンク

味の特徴

上立ち香

最上級の果実の香りを更に上品にしたような、ただごとではないメロン香。

含み香

果実の香りはより膨らみ、口中に広がります。フレッシュで甘く、べたつきや重さのようなものは一切ありません。100%地下水(超軟水)で仕込まれているおかげか、ひたすらにまろやかですっきりとしています。トゲをまるで感じません。

喉を通ったあとの余韻も長く強く、いつまでも良い香りが鼻腔に残ります。非常に美味しい!!

湯豆腐と最高に合いそう

香り高く甘めなので、食前酒に特に向いてそうです。

スポンサーリンク

食中だと、たとえば油っこい料理とはお互いの良さを打ち消してしまい、あまり合わない感じ。ほかにあまり邪魔の入らない状態で飲むと、良さが際立ちます。なので、刺身・淡白系の鍋・豆腐料理とは非常に合うでしょう!  湯豆腐で飲みたい! 昆布だしを効かせた湯豆腐で!

非常に間口の広い日本酒のように感じました。この酒が苦手・嫌いな人はあまりいないんじゃないかなあと。あまり日本酒は好きではない人は多いですが、そういう人にこそ飲んでもらいたいですね。見方ががらっと変わると思います。

冷蔵暗所保存していたこともあり、そのままキンキンに冷やして飲みましたが、使用米が雄町であることからも、常温でも楽しめそうです。思い切って燗もありかも。

なお、このような絶賛評をしておいてなんですが、季節限定品なので、たぶん記事執筆時(2018年10月)には手に入りません。すいません(笑)。

2019年に見つけたら、なにはなくとも抑えておき冷温暗所保存し、冬にぬる燗にしてみようかと!

【山の井 50 純米大吟醸】の情報まとめ

名称山の井 50 純米大吟醸
造り純米大吟醸
蔵元会津酒造
蔵元サイトhttp://www.kinmon.aizu.or.jp/
所在地〒965-0006
福島県南会津郡南会津町永田字穴沢603番地(タップすると地図アプリが立ち上がります)
原材料名米・米麹
使用米雄町
精米歩合50%
アルコール分15度
特徴・素晴らしく上品な果実香
・超軟水の地下水100%で仕込んだことによる、まろやかな味わい
入手難易度年に1回の季節限定商品。2018年は夏に販売。
価格四合2000円
※購入店舗での価格です
※2018年月時点の情報です。

よく読まれている人気記事

1

喜一(きいち)とは? 喜多方市の、『sio(塩)ラーメン』が人気の喜多方ラーメン屋さんです。 喜一:メニュー一覧(写真あり)へ 公式サイト  kiichi.co  16  ...

2

丸忠(まるちゅう)とは? 名物の馬刺し 会津若松市の焼肉屋さんです。私も大好きで、家族の祝い事や、友遠方より来たるときなど、事あるごとに利用しています。 会津名産である桜肉が特に有名。馬刺し・桜ユッケ ...

3

この記事は、【会津若松に出張でいらっしゃる方】【短期滞在なさる方】【宿泊費を安く抑えつつ温泉に泊まりたい方】の宿として、駅から車で15分、市内中心部からは10分、会津若松ICからは20分の温泉地『会津 ...

-地酒
-, ,

Copyright© 会津観光ブログ , 2019 All Rights Reserved.