会津の美味しいご飯と地酒、最高の温泉を紹介していきます!

会津観光ブログ

観光

【神宮熊野神社 長床】大イチョウが見頃! 2018年11月16日

投稿日:2018年11月16日 更新日:

八分ほど黄色に染まった大銀杏と、国の重要文化財である建物【長床】の調和が見事

記念物である長床と大イチョウが有名な、神宮熊野神社に、2018/11/16のお昼過ぎに行ってまいりました!
前回は夏の終わりだったから、まだ緑一色だったね

気持ちの良い秋晴れだったから、平日昼間なのに混んでたねー
駐車場は満杯でびっくりしたよ
地元の方かな、交通整理を行なってましたので、行く人はきちんと指示に従おうね

大イチョウは鮮烈な黄色に染まりかけています。まだ少しだけ緑が残っており、色づきは8割ほど。充分に見頃ですが、黄色に染まりきるのは週明け火曜くらいでしょうか。またそのときに行ってみます。

スポンサーリンク

写真映えする、長床と大イチョウの組み合わせ

長い時間を風雪にさらされ、良い感じに色あせた木造建築と、ここまで大きく育っても毎年変わらず紅葉を見せるイチョウ。非常にかっこいいロケーションです。

落葉は11月下旬がピーク

 

2018/11/16現在、落葉はまだ多くありませんでした。もう少し経つと、一面が黄色に染まると思います。

観光の方で賑わっていました

ベストシーズンだけあって、お参りと写真撮影の観光の方は非常に多く、イチョウと長床の周りはつねに人だかりが絶えませんでした。結婚式で使うのかな、和装のお二人と親族・スタッフと思しき方々も。たしかに式の記念写真としてはかなり良さそう。

そんなこともあり、周辺はかなり混雑していました。土日はなおさらでしょう。もし静寂の大イチョウを撮影されたいのなら、人手が少ない時間を狙っていくしかないと思います。

この季節、布団が暖かくて全然起きられないのですが、なんとか見頃のうちに、平日の早朝チャレンジはせねばならぬようです。理想は5時起きの、6時から撮影かな……。

期間中(11/15(木)~22日(木)は、17:30〜19:30の間にライトアップも行われます。しかしこれは確実にとんでもなく混みますね……。長床・熊野神社は、普通の集落の突き当たりにありますから、駐車設備はもともと多くありません。ライトアップ観賞は、時間に余裕を持って出発し、相当待つことを覚悟してから向かったほうが良さそうです。

スポンサーリンク

このあとのチャレンジ予定

・早朝。誰もいないところを狙って。
・夕方か明け方。薄暗く、色濃く染まった長床と大イチョウは渋い写真に仕上がりそう
・ライトアップ。非常に素晴らしい写真が撮れると思うのですが、確実にむちゃくちゃ混むのが難点。

2018大イチョウ写真集

.

 

【神宮熊野神社 長床】の情報まとめ

名称新宮熊野神社 長床
拝観時間8:30~17:00

冬季(12月~3月)は土・日・祝日のみ見学可。
※平日は予約で団体受入可
拝観料・大人300円(250円)
・高校生200円(150円)
・中学生以下無料
※( )は団体20名以上料金
電話番号0241-23-0775(タップすると電話アプリが立ち上がります)
駐車場あり。

大型バス可(要問合せ)。
サイト喜多方観光物産協会
住所〒 966-0923 福島県喜多方市慶徳町新宮字熊野2258(タップすると地図アプリが立ち上がります)
地図
その他・休憩所あり
・トイレあり
・境内禁煙

※2018年9月時点の情報です。

よく読まれている人気記事

1

喜一(きいち)とは? 喜多方市の、『sio(塩)ラーメン』が人気の喜多方ラーメン屋さんです。 喜一:メニュー一覧(写真あり)へ 公式サイト  kiichi.co  16  ...

2

丸忠(まるちゅう)とは? 名物の馬刺し 会津若松市の焼肉屋さんです。私も大好きで、家族の祝い事や、友遠方より来たるときなど、事あるごとに利用しています。 会津名産である桜肉が特に有名。馬刺し・桜ユッケ ...

3

この記事は、【会津若松に出張でいらっしゃる方】【短期滞在なさる方】【宿泊費を安く抑えつつ温泉に泊まりたい方】の宿として、駅から車で15分、市内中心部からは10分、会津若松ICからは20分の温泉地『会津 ...

-, 観光
-, ,

Copyright© 会津観光ブログ , 2019 All Rights Reserved.