会津の美味しいご飯と地酒、最高の温泉を紹介していきます!

会津観光ブログ

観光

【ツムジクラ滝】会津の奥深くにそそぐ落差85mの雄大な2段滝

投稿日:2018年12月12日 更新日:

展望台より撮影

ツムジクラ滝とは?

柳津町の奥、大成沢の山道を登った先にある見事な2段滝です。

博士山麓では最大。上段25m・下段60mと落差は計85m。

10月下旬から11月上旬にかけての季節は、滝の周囲を紅葉が彩り見事な景観を見せてくれます。車で一本道をひたすら登っていくと展望台がありますので、ここから眺めたり写真撮影するのがお勧め。

スポンサーリンク

ツムジクラ滝の情報

住所

〒969-7325  福島県河沼郡柳津町大字大成沢字前田(タップすると地図アプリが立ち上がります)

駐車場

展望台の前に駐車スペースあり。頑張って3台くらいかな。

アクセス

車以外での来訪はおすすめしません。というより無理だと思います。会津坂下ICからだいたい1時間。

お問い合わせ

柳津観光協会

0241-42-2346(タップすると電話アプリが立ち上がります)

ツムジクラ滝の案内と写真

展望台。ナビに表示された距離より、体感的にはだいぶ時間かかりました。自販機や喫煙所などの施設は一切ありませんので、準備は入念にお願いします。

案内板

撮影の前夜、少しだけ雪が降りました。朝にはすっかり晴れて、麓の集落の雪は溶けていましたが、山道を登り、ちょうどツムジクラ滝の標高から雪化粧に染まってくれていました。このおかげで、かなり良さげな写真になった気がします。

博士山系の雪化粧

クマさん注意

展望台の柵の向こうは急斜面なので気をつけてください

下段の滝の下は川となり、集落に流れていますが、展望台からはギリギリ底が見えない感じ。ロープを木に固定して柵を越えれば下まで行けないことも無さそうですが、傾斜はきつく死んでしまいますので止めておきましょう(笑)

川を遡る形で、滝の真下まで行けるルートもあるようですが、相当厳しいと思います。

虹も見えるかも

水量は豊富。雪解けでさらに水量が増す季節は、滝壺に打たれる飛沫で虹が出ることもあるそうです。GW頃の晴れた日に狙ってみます。

住所・番地というものは無し

番地はありませんが、Googleマップで‪『ツムジクラ滝』検索で座標はでます。ですが、ソフトバンクとauは、途中で電波が通じなくなりますのでご注意ください。(docomoは未確認)

道は舗装されていますが、基本的に狭く、軽同士ならギリギリすれ違えるかなと言った感じ。すれ違いのためのスペースもガードレールも多くはありません。紅葉の季節以外、そんなに多くの観光客が訪れる場所ではありませんが、充分にお気をつけください。

スポンサーリンク

降雪量はすごそう

麓の山中の集落に雪が全く無い日でも、これだけ積もっていました。ちょっと山を登ると環境は一変します。携帯の電波も通じないため、万一があると助けも呼べません。除雪はされているようですが、真冬の来訪は止めておいたほうがよさそうです。

入り口の写真は撮り忘れてしまったので、ナビを頼りに山道に入ってください。今度撮影してきます(泣)。

麓の集落にいた、かわいい甲斐犬(吠えるので望遠で遠距離撮影)

ツムジクラ滝の情報まとめ

名称ツムジクラ滝
電話番号0241-42-2346(タップすると電話アプリが立ち上がります)
駐車場無し。3台ほど停められるスペースはあり。
サイト無し
住所福島県河沼郡柳津町大字大成沢(番地は無し)
地図
その他携帯の電波は入らず、道も狭く、すれ違いスペースも少ないため、冬季~初春はおすすめしません。

よく読まれている人気記事

1

喜一(きいち)とは? 喜多方市の、『sio(塩)ラーメン』が人気の喜多方ラーメン屋さんです。 喜一:メニュー一覧(写真あり)へ 公式サイト  kiichi.co  18  ...

2

丸忠(まるちゅう)とは? 名物の馬刺し 会津若松市の焼肉屋さんです。私も大好きで、家族の祝い事や、友遠方より来たるときなど、事あるごとに利用しています。 会津名産である桜肉が特に有名。馬刺し・桜ユッケ ...

3

この記事は、【会津若松に出張でいらっしゃる方】【短期滞在なさる方】【宿泊費を安く抑えつつ温泉に泊まりたい方】の宿として、駅から車で15分、市内中心部からは10分、会津若松ICからは20分の温泉地『会津 ...

-観光
-

Copyright© 会津観光ブログ , 2019 All Rights Reserved.